So-net無料ブログ作成

<名誉棄損>ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める(毎日新聞)

 診療を装ってわいせつ行為をしたとして準強制わいせつ罪に問われ、無罪が確定した福岡市内の男性医師(45)が無罪判決直後に匿名のブログで名誉を傷つけられたとして、インターネット接続業者(プロバイダー)「ケイ・オプティコム」(大阪市)に発信者情報の開示を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。河合裕行裁判長は「実際にわいせつ行為を行っていた印象を与える」として、名誉棄損を認め、発信者の住所、氏名の開示を命じた。

 判決によると、医師は06年、女性患者を写真撮影したなどとして、3件の準強制わいせつ罪に問われ、福岡高裁は昨年5月、無罪とし確定した。高裁判決の当日、ブログに「逆転無罪」の見出しで、新聞報道などを基に実名を挙げ「医療行為と称して、患者の体を触り、写真も撮った」などと書き込まれた。

 業者側は「社会的に知れ渡った情報で、無罪も記載しており、名誉棄損に当たらない」とする発信者の主張に沿って、請求棄却を求めた。しかし、河合裁判長は「全体として原告のわいせつ行為を断定し、他にも行っていたかのような表現と言わざるを得ない。新聞に記載されていたとしても、書き込みに公益目的は認められない」と述べた。【日野行介】

【関連ニュース】
名誉棄損訴訟:大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決
名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断
職員の名誉棄損:教育心理学会の元理事長ら敗訴 東京地裁
大相撲:八百長疑惑報道訴訟 「著名人料」加算せず 慰謝料大幅減額−−東京高裁判決

竹下通りであわや大惨事!「芸能人がいる」デマに女性殺到し将棋倒し(スポーツ報知)
警官のネクタイ引っ張り抵抗、女性米兵逮捕(読売新聞)
両陛下、国際会議の開会式に(時事通信)
障害者自立支援法訴訟 国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
強風 千葉市で38.1メートル 全国で黄砂を観測(毎日新聞)

北教組事件で2人起訴=民主・小林氏陣営に選挙資金−規正法違反・札幌地検(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営が北海道教職員組合(北教組)から選挙資金を受領したとされる事件で、札幌地検は22日、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)罪で、小林氏陣営の会計担当木村美智留容疑者(46)と北教組の事実上トップで委員長代理の長田秀樹容疑者(50)、団体としての北教組を起訴した。
 ほかに逮捕した北教組の幹部2人は関与が従属的として、起訴猶予処分とした。 

【関連ニュース】
可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降
小林議員、13日にも参考人聴取=違法献金の認識問う
民主小林議員に聴取要請=北教組資金提供
会計担当、資金一手に管理=小林氏陣営、外部のチェック入らず
会計書類の一部見つからず=北教組、処分の可能性も

酒飲みタクシーに追突、米兵逮捕…沖縄(読売新聞)
競泳の源氏、出馬見送り表明=参院徳島(時事通信)
津波警報「最善尽くした」=予測精度は不十分−気象庁長官(時事通信)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)

<雑記帳>ランドセル菓子に注文相次ぐ 京都のホテル(毎日新聞)

 小学校入学の記念にと、京都市上京区の京都ブライトンホテルが今月、ランドセルをかたどったチョコレート菓子を発売したところ、約50件の注文が相次ぐ人気だ。

 サイズは縦7センチ、横9センチ、高さ11センチで、赤と青の2種類がある。付録に鉛筆形のチョコが付いて5250円。7日前までに予約(075・441・4411)が必要という。

 パティシエは表面の縫い目まで細かく再現しているが、かぶせを開けても教科書やノートは入っていない。その代わり、愛情を込めたシュークリームやケーキがぎっしり。【望月亮一】

【関連ニュース】
都議会:性描写規制の条例改正案で3会派が継続審議で合意
洋菓子:東京のペア優勝 仏コンクール
ブログ:バレンタイン商戦に一役 職人とオリジナル菓子作り
洋菓子作り大会:東京のペア優勝−−パリで開催
時代を駆ける:辻口博啓/1 和菓子店の小3息子、ケーキ食べ衝撃

津波警報「最善尽くした」=予測精度は不十分−気象庁長官(時事通信)
<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
「ツイン」1万台リコール=スズキ(時事通信)
東九州道工事 橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)
手塚治虫少年が昆虫追った森に記念碑…宝塚(読売新聞)

自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害−大阪地検(時事通信)

 大阪市の自称霊能力者の女が、信者を使って女性に薬物を飲ませて死亡させたとされる事件で、大阪地検は17日、殺人罪などで、自称霊能力者で元同市民生委員寺谷均美容疑者(53)=現住建造物等放火罪などで起訴=と、信者で元介護士田向啓子容疑者(53)=同=を追起訴した。
 地検によると、田向容疑者は起訴内容を認め、寺谷容疑者は否認しているという。 

【関連ニュース】
恐喝未遂容疑で男逮捕=被害男性は自殺
家族3人、放火殺人容疑=35歳長男逮捕
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕
放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円

桜 大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
鉄砲サミットで古式砲術、彦根城にごう音響く(読売新聞)
“泥棒目線”の防犯対策が重要 ベテラン刑事に聞く空き巣対策 (産経新聞)
「日本庭園」の景観復活へ 大阪万博40年 草木伸び放題、伐採視野(産経新聞)
<卒業証書>有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される(毎日新聞)

<愛子さま>宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題(毎日新聞)

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)=学習院初等科2年=が学校をほとんど欠席している問題で、宮内庁の野村一成・東宮大夫は12日の定例会見で波紋が広がっていることに対し「心苦しく思っている」と述べた。宮内庁が5日に「愛子さまに強い不安感があり通学できない」と発表後、初等科は補助教員を配置するなど対策を講じているが、愛子さまは今週も一部の授業しか出席しなかった。5日の発表については宮内庁内部にも「配慮に欠けた」との批判もある。なぜ異例の発表に至ったのか。その経緯を検証する。【真鍋光之】

 宮内庁や学習院などによると、愛子さまは2月22日から学校を欠席、宮内庁の野村東宮大夫は同26日、毎週金曜日に開く定例会見で「発熱など風邪の症状がある」と発表した。今月2日は4時限目だけ出席して早退。愛子さまはその前後から腹痛や登校への不安感を訴え、3日からは再び欠席。皇太子ご夫妻も通学に慎重になった。

 東宮職は4日、学習院の波多野敬雄院長と初等科に「愛子さまは通学に際して強い不安感があり、登校できない」という内容のファクスを送ったが、具体的な事例は記されていなかった。その後の学習院と東宮職とのやり取りで、昨年7月に初等科であった男児らによる乱暴な行為が愛子さまの不安感の要因の一つではないかと判明したが「今になってなぜ愛子さまが不安になられたのか。きっかけが分からなかった」(学習院関係者)。

 野村東宮大夫は5日の定例会見で「複数の男児が愛子さまを含め他の児童に乱暴している」などと原因を説明したため、いじめや校内暴力が現在もあるという印象を与え、海外メディアでも報道され波紋が広がった。

 この会見前に学習院本部は「愛子さまが早退した2日4時限目の前後に何かあったようだ」と把握したが、具体的内容は分からなかった。その後、初等科から「早退する際、廊下に飛び出してきた男児とぶつかりそうになった」と報告を受けたが、野村東宮大夫の会見には間に合わず、学習院本部は5日夕に詳細を明らかにした。

 ◇通学への不安まだ 会見で東宮大夫

 なぜ、野村東宮大夫は5日に発表したのか。宮内庁は▽愛子さまが公人である▽約2週間学校を休んでいた▽学習院側の了解を得た−−ことなどを理由に挙げるが、宮内庁関係者は「6日から皇太子さまがアフリカ訪問されることが大きかったと思う。ご本人の了解を得た上で、出発前に発表したかったのだろう」と推察する。

 学習院関係者によると当初、皇太子さまは周囲に影響がないように穏便に済ませたい意向だったという。「それがなぜ、会見で発表というセンセーショナルなやり方になってしまったのか。残念でならない」と話す。学習院の東園基政常務理事は「本部と初等科、また東宮職との連絡がうまくいっていなかった。結果的に子供たちに大きな影響を及ぼすことになり、じくじたる思いです」と述べた。別の宮内庁関係者も「学校や他の子供にも影響がある内容だけに配慮が必要だった。発表は皇太子ご夫妻も了承していたはず。東宮大夫だけの判断で発表方針を変えるのは難しかったのかもしれないが、慎重さを欠いた面は否めない」と指摘した。

 初等科は2年生の4クラスに補助教員1人を付け、8日の朝礼で「人にされて嫌なことはしないようにしましょう」などと話した。だが愛子さまは今週、雅子さまが参観したうえで一部の授業にしか出席しなかった。16日の終業式に出席するかは未定という。野村東宮大夫は12日の定例会見で「ご通学への不安感は依然としてお持ちのようだ」と述べた。

景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査−経産省(時事通信)
低気圧、北海道の東へ=暴風、大雪に警戒を−気象庁(時事通信)
中国へ里帰り 和歌山のパンダ「幸浜」歓送会(産経新聞)
高校無償化法案が衆院可決へ 川端文科相が朝鮮学校の適用除外を示唆(産経新聞)
埋葬せずに遺骨紛失、寺に4480万賠償命令(読売新聞)

普天間の県内移設に否定的=小沢氏が与党幹部に伝える(時事通信)

14〜16歳の3人死傷=車が電柱に衝突−三重(時事通信)

 9日午前0時5分ごろ、三重県松阪市船江町の国道で、軽四自動車が道路脇の電柱に衝突し、乗っていた3人のうち同市小津町、塗装工の少年(16)が車外に投げ出され、頭などを強く打ち搬送先の病院で間もなく死亡した。同市伊勢寺町、同市市立中学2年の女子生徒(14)は全身を打ち意識不明の重体、同市駅部田町、無職の少女(16)は頭などに軽傷を負った。県警松阪署は、3人のいずれかが運転を誤ったとみて、運転手や事故原因の特定を急いでいる。
 同署によると、現場は片側2車線の見通しのよい直線道路。軽四自動車の右側面が大破しており、何らかの原因でセンターラインを越え、反対車線側の縁石を乗り越えて電柱に衝突、横転したという。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
乗用車同士が正面衝突=高齢夫婦ら3人死傷
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑
羽田で濃霧、130便欠航=東京湾では船舶事故
団地火災で妻死亡、夫重体=電気ストーブ原因か

<裁判員裁判>「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
ケータイ派? パソコン派? 上手にこなす若い世代(産経新聞)
朝鮮学校関係者と面会検討=鳩山首相(時事通信)
沖縄密約 「1億ドル供与と推定」口座記録発見(毎日新聞)
普天間、ホワイトビーチ沖合案…官房長官検討(読売新聞)

「話聞かない」弟と殴るける…夫が死亡(読売新聞)

 埼玉県警狭山署は8日、東京都東村山市久米川町、無職肥田夏美(26)と、弟の埼玉県入間市春日町、無職多胡智春(23)両容疑者を傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、2人は5日未明から7日午前11時頃までの間、埼玉県飯能市の祖父宅と入間市の母宅で、肥田容疑者の夫のタイル工、武寿さん(42)に殴るけるの暴行を加えた疑い。武寿さんは7日午後、搬送先の病院で死亡が確認された。

 同署幹部によると、2人は「金銭をめぐる話し合いをしていたが、聞いてくれなかった」などと供述しているという。同署は司法解剖して死因を解明するとともに、傷害致死容疑でも調べる。

夫婦間病腎移植始まる 宇和島徳洲会(産経新聞)
<阿久根市長>毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否(毎日新聞)
5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
首相動静(3月2日)(時事通信)
通信・放送の法体系、60年ぶり見直し=放送局再編を後押しも−総務省(時事通信)

百十四銀行の初公判 3被告起訴内容認める(産経新聞)

 百十四銀行九条支店(大阪市)の不正融資事件で、会社法の特別背任罪に問われた元支店長の木谷康敏(55)、元課長代理の熊野宏昭(38)、元暴力団組員の小川哲生(40)の3被告の初公判が5日、大阪地裁(遠藤邦彦裁判長)で開かれた。木谷被告は起訴内容をおおむね認めた上で、「小川被告に弱みを握られた。積極的に銀行に損害を与えてやろうという気持ちはなかった」と述べた。他の2人は起訴内容を認めた。

 また、木谷被告は「銀行の名誉を傷つけ、信用を失墜させたことをおわびしたい」と謝罪した。

 検察側は冒頭陳述で、木谷被告らがゴルフや飲食などの供与を受け、小川被告との関係を深めたと指摘。「引き続き供与を受けられることを期待して追加融資を決定した」と主張した。

 起訴状によると、木谷被告らは平成19年8月〜20年1月、不動産などの確実な担保がないまま、小川被告が経営する有限会社4社に対して計約9億円を貸し付け、百十四銀行に損害を与えたとされる。

【関連記事】
百十四銀行事件 元支店長ら再逮捕 不正融資の立件総額9億円に
百十四銀の元支店長ら再逮捕 「脅されて融資」と供述 大阪府警
百十四銀不正融資で元支店長ら3人を起訴
百十四銀行事件 元支店長異動直前にも不正融資、2億円
信用調査ないまま元組員側に融資 百十四銀行事件

河口16キロ上流でも水位急上昇=40センチ、利根川で−茨城(時事通信)
「変な女に金貸して困ってる」鳥取不審死被害者(読売新聞)
金賢姫元工作員来日へ協議、公安委員長は配慮要請(読売新聞)
4221人を門前払い 国公立大の2次試験中後期日程(産経新聞)
太平洋沿岸に大津波警報発令へ=最大で高さ3メートル予想−チリ大地震で・気象庁(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。